ピラティストレーナー杉直樹公式WEB SITE

大阪を拠点にするパーソナルトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナーとしてピラティスのことや健康のことについてお伝えしていきます。

6週間で高齢女性の運動機能を向上したピラティスエクササイズ

f:id:naoki-osugi:20171110211834j:plain

Six weeks of Mat Pilates training are enough to improve functional capacity in elderly women.

研究では、6週間ピラティスマットエクササイズをすることで、高齢女性の運動機能は向上するのかを評価するのが目的でした。

今回は平均62.28歳の女性の18名が研究に参加し、6週間週に3回ピラティスマットエクササイズを60分間実施した。事前事後にテストを行い、変化を確認した。

テスト項目

3つのファンクショナルキャパシティーテストを実施。

・Up and Go Test


Timed Up and Go (TUG) Test

椅子に座り、合図と同時に立ち上がり、3m先にある目印まで歩き、目印を回って、椅子まで戻り、座るまでのタイムを計る検査。

・30-s Chair-Stand test


30-s Chair-Stand test.wmv

30秒で、椅子から立ち上がり座る動作を何回できるかを計る検査

・Chair Sit-and-Reach and Back Scratch tests


CHAIR-SIT AND REACH-TEST (Test de flexion del tronco en silla)

座った状態で、前屈をし、手がどこまで届くかの検査。

動画にはないが、座った状態で、両手を背中(上からと下から)で掴むことが出来るかどうかの検査も実施。

検証結果

どのファンクショナルキャパシティテストもわずか6週間で、改善された。

ピラティスマットエクササイズは、高齢女性の運動機能向上のために十分だった。

エクササイズの難易度は初級から中級のエクササイズを実施。

まとめ

ピラティスは姿勢や動作評価から1人1人のレベルに合わせて、エクササイズを組み合わせることが可能です。高齢女性で多い悩みとして、泌尿器系や膝、腰周りの痛みが多いかと思われますが、泌尿器系は、骨盤底筋群の使い方指導をすることで、ある程度改善し、膝・腰周りの痛みに関しては、筋・骨格系へのアプローチで痛みを軽減することが可能です。

今回のテストでは、運動機能がどう変化するかの評価でしたが、姿勢の変化や立ちやすさ、慢性的な痛みの軽減は効果として分かりやすく出るかと思います。

アンチエイジング目的、痛みの解消目的の運動は、ピラティスをお勧めします。

日本でお勧めのピラティススタジオ

www.naokisugi.net

ピラティス書籍

コントロロジー―ピラティス・メソッドの原点

コントロロジー―ピラティス・メソッドの原点

  • 作者: ジョセフ・ヒューベルトゥスピラティス,Joseph Hubertus Pilates,川名昌代
  • 出版社/メーカー: 万来舎
  • 発売日: 2010/01/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 
渡辺満里奈 ピラティス道 [DVD]

渡辺満里奈 ピラティス道 [DVD]

 

参考文献

www.ncbi.nlm.nih.gov