ピラティストレーナー杉直樹公式WEB SITE

大阪を拠点にするパーソナルトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナーとしてピラティスのことや健康のことについてお伝えしていきます。

パーソナルトレーナーの思考

パーソナルトレーナーとしての思考…

なかなか難しそうなタイトルですが、パーソナルトレーナーの方はどういう考え方で生きているのでしょうか?

パーソナルトレーナーといってもフィットネスクラブで業務委託をして活動しているトレーナーもいれば、社員・アルバイトでトレーナーをしている人もいれば、独立して1人でスタジオ・ジムを展開している人もいれば、オーナーとしてトレーナーを雇用している人もいると思うので、ステージや立場はそれぞれなので、それぞれで思考があると思います。

私自身24歳の時にフィットネスクラブを退職し、独立したわけですが、独立した当初と今とでは、思考の枠組みは全く変わって来ています。

もちろん軸になる部分は変わりませんが、

じゃあどのように思考が変わっていったのか、、、

社員で働いていた時は、いかに楽するかを考えていました。

固定で入ってくる給料なんて、昇給があってもたかがしれてるし、会社のために働くのがすごく嫌でした。じゃあなんで入社したん?って感じですが。

今思うと社員としては相当イかれてますよね。

弁解すると、やることはしっかりやっていたんですよ!ジム部門は統括していましたし、数字もしっかりあげていました。

今思いとあの頃もっと色々しておけばよかったなっと感じていますが、もうそれは遅い…

24歳の時は、どん底

独立したは良いものの、顧客がつかなかったので、1年くらいは無一文。思考の枠組みはとっても狭い中で、生活していたと思います。

トレーナーを辞めようかと思ったこともありました。

人のせい、環境のせいと他責の思考しかなかった時は、イライラしてましたね。

自分がないというか、なんというか

自分自身にこれでは行けない!なんのために独立までしたんだ!トレーナーになった目的は?なんてことを思うようになり、それから自己啓発本やビジネス書を読みあさりました。トレーナーとしてスキルアップするためにセミナーも行きまくりました。

行動すれば、成果はついてくるもんで3ヶ月くらいで売上No.1になりました。

それから2年くらいはそのフィットネスクラブで1位を獲得しました。

思考の枠組みはどんどん広がってきて、自分だけが売上を上げるのに満足しなくなって、その店舗の売り上げを上げるために行動するようになりました。

売上を上げるために取ったことは、今働いている業務委託のトレーナーがどうしたら店舗に魅力(顧客獲得)を感じてもらえるのか、トレーナー1人1人の目標設定をあげたり、単価を上げるためにはを協議したり、フィットネススタッフとトレーナーの交友関係の場を提供したり、出来ることはやってみました。

そうしたら自ずとパーソナルトレーニング部門の売り上げも上がってきました。社員か!とよく言われましたが、まさにトレーナーが働きやすく、成果を上げれる環境にするって昔から考えていたんだなと思います。

この思考

自分の中で、今もすごく大切にしていて、自分だけが満足せず、パートナーやお世話になっている人をいかに幸せにするサポートが出来るのか、これを考えるのが楽しいし、やりがいを感じる。

今は会社になって、社員数も増えたけど、社員をいかに幸せに出来るのか、そして来て頂いているお客様にいかに貢献できるのか、その思考。

思考の枠組みは、情報や逢う人、環境などによって変わりますが、良い情報をえれるように行動し、良い人と会い、良い環境を選ぶのは自分なので、思考をこれからもインサイドアウトで拡張できるようにと思っています。

みなさんは今どのような思考でしょう?

あらゆることを考えると思います。何が良くて何が悪いなんてないと思いますが、私は上記のような思考でありたいです。

以上

[gallery ids="81,152" type="square" columns="2"]

 

AD

LAVA  どろあわわ