ピラティストレーナー杉直樹公式WEB SITE

大阪を拠点にするパーソナルトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナーとしてピラティスのことや健康のことについてお伝えしていきます。

マーケティングよりもこれからは更なる情報発信の時代になる

f:id:naoki-osugi:20180105225351j:plain

以前日本経済新聞に面白い記事がありました。

ファッション各社が販売員などとして、SNSで発信力のある個人(インフルエンサー)の採用を増やしている。眼鏡大手オンデーズはInstagramなどのフォロワー数が1500人以上なら採用を優遇し、月5万円の手当てを支給する。アパレル販売のTOKYO BASEもフォロワー数を採用基準にした。社員個人の発信力を生かし、ファッションに関心を持つ若者に情報を流していく

フォロワー数が多いことって企業にとってはメリットであるということ。

インフルエンサーを雇い、宣伝をしている企業が多いなか、社員が発信をしてくれることは企業としてもありがたいですよね。

フォロワー数が多いことは、採用の条件になるとともに、給与アップにもつながるということです。

フォロー数が多いことは共感が多い

f:id:naoki-osugi:20180105230505j:plain

私は今現在で、

フェイスブックは約2500名

インスタグラムは約4000名

ツイッターは約1500名

とざっと8000名ものフォロワーがいます

フォロー数多いですね?とよく聞かれることが多いです。またどのようにしてフォロー数を増えますか?と質問も受けますが、その答えとして簡単にいうと毎日情報をアップするということに限ります

毎日アップしたから増えました。これは自負できることです。

私自身の考えでは、フォロー数が多い=共感されることが多い です。

たまにfacebookでも友達が限界の5000名いるのに、毎回の記事のいいね数が100も満たない人がいますが、それは、わざと増やしているパターンで、知らない人ばかりなので、いいねの共感は少ないです。時間をかけて友達やフォロワーは増やしていくことが大事かと思います。

人柄や考えが共感を生む

生活の中で、SNSを活用することは多くなって来ています。

若い人の中では、何か探すときにグーグルやヤフーの検索サイトを使わず、インスタグラムのハッシュタグで探すという方も増えて来ているみたいで、、、

最近では、その場その場で動画を撮りアップする(インスタでいうストーリー)が流行っていて、どんどんフェードに流れて来ます。

フェイスブックでいいねを押すことが多かったり、誕生日にはおめでとうメッセージを書いたりと、、、

SNS意外と起きている時間の大半を使っていませんか?

 

そんなSNSで発信することは自分の思想や人柄がわかります。

例えば、愚痴ばっかり書いている記事を見ているのって辛くないですか?逆にポジティブな記事を見ていると気持ちが良い。

書くことや発信することって自分の想いを相手に知ってもらうことなんですよね。

共感って自分の夢や想いを語ることで生まれます

SNSはうまく活用すべき

みなさんが何か事業をしている。もしくは事業を始める際は、SNSをうまく活用しましょう。

まず無料で出来ることですよね。

そしてたくさんの人と繋がれるツールです。

エクスペリエンスマーケティングの藤村正宏さんは

毎日のように発信していると、信頼が生まれる。人はよく知らない人を信用しません。=情報量が少ない人を信頼しない。

と下記書籍で書いておられます。 

新版 安売りするな! 「価値」を売れ!

新版 安売りするな! 「価値」を売れ!

 

あなたの発信に共感する人が増え、信頼も獲得できるようになります。そうすると、あなたの商品やサービスのことをその発信を織り交ぜることで、商品を理解してくれるようになります。

 いつから発信するの?

いつから発信すればいいですか?と聞かれることがあるのですが、私の答えとしては今から発信するべきだと思っています。

24歳でパーソナルトレーナーとして独立をしましたが、私は22歳から発信し続けています。関西で有名な高津諭トレーナーや東京の小林俊夫トレーナーが常にブログで情報発信しているのを見て私も始めましたので、すでに10年以上発信しているわけです。

もちろん発信の質っていうのは、最初低かったです。でもそれは誰でも通る道であって、情報発信する経験が質も高めてくれ、そして自分の考えをまとめてる良い時間にある。発信し続けることで共感してくれる人も多くいます。

2年後独立してから書き始めます!では遅いのでは!?とお節介ながらに思ってしまうわけです。

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

 

SNSは時代に合わせて変化しつつ、そして進化していきます。 今からでも遅くないです。ぜひ情報発信していきましょう!!