ピラティストレーナー杉直樹公式WEB SITE

大阪を拠点にするパーソナルトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナーとしてピラティスのことや健康のことについてお伝えしていきます。

解剖学を知らない人でもわかる簡単解剖学!ハムストリングスについて

f:id:naoki-osugi:20171219094542p:plain

ハムストリングスとは・・・

大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3筋でハムストリングスと言われ、膝の屈曲に働く。

大腿二頭金・半腱様筋・半膜様筋は共に股関節と膝関節を超える2関節筋であり、股関節に対しては大腿を伸展、膝関節に対しては屈曲に働く。しかし、2つの関節に対して同時に十分に働くことは出来ない。したがって、股関節を強く屈曲するときには膝関節を伸展できない。また膝関節伸展時には同時に股関節を強く屈曲できない。

半腱様筋

起始:坐骨結節

停止:鵞足

神経支配:脛骨神経(L5~S2)

作用:膝関節を屈曲、下腿を内側に回転

f:id:naoki-osugi:20171216112555j:plain

半膜様筋

半腱様筋とともに坐骨結節から起こり、脛骨粗面ないしはその周囲に停止する。内側ハムストリングスを構成する。

起始:坐骨結節

停止:脛骨の内側顆の後面

神経支配:脛骨神経(L5〜S2)

作用:膝関節を屈曲、下腿を内側に回転

f:id:naoki-osugi:20171216112620j:plain

大腿二頭筋

長・短2頭からなり、外側ハムストリングスを形成する。両頭は合して腓骨頭に停止する。膝窩の外側でこの腱は明瞭に触れることが出来る。支配神経の坐骨神経は脛骨神経と総腓骨神経からなり、長頭は屈筋系に属し脛骨神経、短頭は伸筋系に属し総腓骨神経に支配される。

起始:坐骨結節、大腿骨の粗線

停止:腓骨頭の外側

神経支配:脛骨神経(S1〜S3 )、総腓骨神経(L5、S1、S2)

作用:膝関節を屈曲、脛骨を横方向に回転させ、股関節を伸ばす。

 

f:id:naoki-osugi:20171216112756j:plain

 

TAIKAN

鵞足とは・・・

縫工筋、半腱様筋、薄筋が脛骨粗面の内側部に停止する場所を鵞足という。

鍛え方

フィットネスクラブにあるマシンでは、レッグカールというマシンになります。自重で行うスクワットやレッグランジでも鍛えることは可能ですが、大臀筋のサポート筋になるので、強く刺激は入りません。

ピラティスでお勧めとすれば、アーティキュレーティングショルダーブリッジが良いです。スクワットやランジと同様大臀筋のサポーチになりますが、脚の置く位置をお尻から離して行うとハムストリングスに優位に刺激を入れることが出来ます。

ぜひお試しください。

https://www.instagram.com/p/BV3XKbKBWbf/

 

www.naokisugi.net

www.naokisugi.net 

参考文献

全国柔道整復学校協会監修教科書解剖学第2版

全国柔道整復学校協会監修教科書解剖学第2版

  • 作者: 岸清,石塚寛,(公社)全国柔道整復学校協会
  • 出版社/メーカー: 医歯薬出版
  • 発売日: 2008/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 第3版

プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 第3版