ピラティストレーナー杉直樹公式WEB SITE

大阪を拠点にするパーソナルトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナーとしてピラティスのことや健康のことについてお伝えしていきます。

プロ野球選手のピラティス導入

f:id:naoki-osugi:20200103130737j:plain

こんにちは!

ピラティストレーナー杉直樹(@osugi198533)です

皆様明けましておめでとうございます。

2020年もどうぞ宜しくお願いいたします!

 

新年早々から私に取っては嬉しいニュースがありました!

それはプロ野球選手がピラティスを取り入れると言う情報でした。

Twitterにあげさせてもらいましたが、

横浜DeNAベイスターズ 三嶋一輝投手

ピラティスは「体が動くし、今けがはないのがこれのおかげもある」

2年連続で60試合以上の東岸とフル回転ながら、週に1,2度のピラティスのおかげで故障なし

オリックス・バファローズ 吉田正尚外野手

 「ピラティスをやってみようと思っています。やってみて、分かることもあると思う」

 17年に腰痛手術を受けた担当医で、徳島大学の西良浩一氏の助言が、きっかけ。過去には日本ハム・近藤や男子ハンドボール・宮崎大輔に治療を施した腰痛手術の第一人者として知られる名医だ。  通常のピラティスは脊柱や骨盤の動きに焦点を当てた運動で、体幹を含めた筋力強化や柔軟性向上が期待できるが、吉田正が取り組むのは、それとは一線を画したアスリート仕様。全身の筋肉を効果的にバランス良く使わなければ機能しない特殊器具を装着して行うもので、近く西良氏が非常勤医師を務める都内の施設を訪問する。  目的は腰痛の再発防止に加えて、代名詞であるフルスイングの「モーターコントロール(運動制御)」の習得だ。西良氏によると、腰痛改善の基本は「患部を固定して、周辺を柔軟にする」こと。「特殊器具を使って、腰をひねらず、その周辺部位となる胸郭や股関節の柔軟性や動かし方を学ぶことができれば負担が少ないフルスイングを継続できる」と説明した。

プロ野球選手のピラティス導入

最近はアスリートのピラティス導入がニュースにもなっていて嬉しい限りです。

野球選手は特にピラティスを入れて欲しい!

www.nikkansports.com

以前日ハムの近藤健介外野手もピラティスを練習に入れているとニュースになりました。

当スタジオでもアスリートが多くこられていますが、パフォーマンスを上げる為に基礎筋力を高めることも凄く大切なのですが、自分の身体のコントロール力を高めることも併せて必要になってきます。

細かく自分の各部位を思い通りに動かすことにより、繊細なプレーが可能になります。

以前Twitterで身体のラーニングマトリクスについてあげさせて頂きました。最初は意識して行わなければいけないが、それが無意識に出来るようになると言うもの。

身体の無意識にコントロール出来る事が出来れば、ミスが少なくなり、ピラティスの効果の1つである関節可動域をあげる事、関節の正しい役割を学ばせることにより、パフォーマンスが高まり、怪我も少なくなってきます。

なので、アスリート全員にお勧めなのです。


Antonio Brown's Pilates & TRX Workout Overview

アメリカでは、NFLのスーパースターであるアントニオブラウンがピラティスをしている動画があります。

ピラティスってどんな事をするの!?とお思いの方は是非この動画をご覧ください。

女性が優雅にやるエクササイズでは全然ありませんよ!

 

大阪・東京でピラティスを体験したいと言う方は是非当スタジオまでお越しください。

www.pilates-bb.com

 

お仕事の依頼はコチラ

ご希望の方は下記記事のフォームよりお問い合わせください。

www.naokisugi.net

今後のピラティス養成コースの日程はコチラ

現在下記日程にてマット養成コースとプロップス養成コースのご参加募集しております。ピラティスの資格を取りたいという方は下記記事をご覧ください。

www.naokisugi.net