ピラティストレーナー杉直樹公式WEB SITE

大阪を拠点にするパーソナルトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナーとしてピラティスのことや健康のことについてお伝えしていきます。

パーソナルトレーナーがフィットネスクラブで成功する方法

パーソナルトレーナーとして独立し、まずフィットネスクラブの業務委託契約をされる方も多いと思います。私自身も24歳の時、東急スポーツオアシスさまと契約させて頂き、独立をいたしました。 今回はそういう方へのメッセージ。もちろん今活動されている方へも伝えたいメッセージなので、ぜひチェックしてください。

契約させて頂いた東京スポーツオアシスさま、初めはどこの店舗で活動しようかと悩みました。トレーナー数が多い都市部にするのか、またトレーナー数が少ない地方にするのか、、、悩んだ結論、私は都市部のトレーナーが多く在籍する店舗で活動することを決めました。なぜかはまた今度お伝えいたします。

すぐに売れっ子になると思いきや、世の中そんなに甘くなく、1年間で売り上げはほぼほぼあげる事が出来ず、焦りとイライラしかありませんでした。貯金も底をつきそうだったので、トレーナーを辞めて、整骨院でアルバイトを始めた事もありました。

そんな私が、なぜフィットネスクラブで、店舗を構えるまで売上1位を取り続ける事が出来たのか。

契約の店舗数は1店舗で良い

これは私の自論なので、参考程度に読んでほしいのですが、契約店舗は1店舗で売上NO.1は確実に取れます。というか1店舗の方がいいです。

何故かというと

信頼と信用が貯蓄されるからです。

1店舗で活動していると、まずお客様とフィットネスクラブスタッフとの接点が増え=杉さんというトレーナーがいる!と認知されます。これは他店舗やいろいろなフィットネスクラブと契約してると中々できないこと。

スタッフ側として、お客様よりパーソナルトレーニングの依頼やパーソナルトレーナーは誰がイイ!?と聞かれた時に、信頼・信用できる人に頼もうとします。週に1時間しか現場に来ないトレーナーより、週5日現場にいるトレーナーの方が信頼度は高いですよね。

なぜ信頼度が高いかと言うと、スタッフとの会話も増え、自分がどういう所に強みがあって、どういうサービスを提供しているのかを理解してくれ、そのニーズがあるお客様を振ってくれます。これはお客様にとってもトレーナーにとっても良いですよね。スタッフが30人いるとすれば出来るだけ30名と何かしらのコニュミケーションはしっかり取っておきたいです。

来ていても、ただぼーっとジムに立っているだけでは無意味です。時には、スタッフのサポートをしたり、お客様が困っていれば、顧客じゃなくても想いを持って対応する心構えが大切です。

私は、戦略を立てて、まずは1店舗で100セッション以上の集客をする。と決めて活動し、2店舗目は同じ東急スポーツオアシスさまの違う店舗も活動を広げていった経緯があります。もし顧客が中々増えないと悩んでいる方は、少し考え方を変えて、契約先の店舗のお客様やスタッフにいかに貢献できるのかを考えてみてください。

自ずと成果は出て来ますよ。

まだまだフィットネスクラブで成果をあげる方法はありますが、今日はここまで。

 

[gallery ids="81,152" type="square" columns="2"]

 

 

AD LAVA  どろあわわ